安藤ハザマ・五洋・西武・玉野総合・基礎地盤 いわき市震災復興事業共同企業体

工事概要

  • HOME »
  • 工事概要

1.工事の目的

 観光・文化・リクリエーションゾーンに位置づけられている豊間・薄磯地区を復興するために、平地と高台に防災緑地や宅地を造成する工事です。
 造成される区画整理地は、安全性、快適性、利便性を備えたものです。
 わたくしたち企業体は造成工事全体をトータルでマネージメントし ( CM : コンストラクションマネージメント )、地域の皆様のご協力を得て工事を進めて参ります。

いわき市のウェブサイトへ(別ウィンドウで開きます)

2.工事概要

(1) 工 事 名 豊間・薄磯地区整備工事
豊間地区北側高台外造成工事
豊間・薄磯地区道路排水他工事
(2) 工事場所 豊間地区; 福島県いわき市平豊間字塩場他
薄磯地区; 福島県いわき市平薄磯字南街他
(3) 工期 平成 25 年 11 月 13 日~平成 29 年 3 月 31 日
(4) 請負代金額 金 15,167,966,000 円
(5) 発注者 独立行政法人都市再生機構
(6) 受注者 安藤ハザマ・五洋・西武・玉野総合・基礎地盤
いわき市震災復興事業共同企業体

 

3.工事数量

(1) 開発面積 豊間; 56.4ha、 薄磯; 37.2ha、 豊間津波防災公園; 8.2ha
(2) 防災緑地
[土堰堤 TP+10.2m]
豊間; 土工量約30万m3、 薄磯; 約20万m3
(3) 県道延長 豊間; 約1.6km、 薄磯; 約1.3km
(4) 高台 豊間北; 約80万m3、 豊間南; 約70 万m3、 薄磯; 約100万m3

 

4.本工事の特色

(1) CM 体制 民間建設会社が発注者の立場になり代わり、設計・発注・施工管理・施工までの業務を一括管理する契約体制です。
適正な運営により、工期短縮・コスト削減等が図れます。
(2) オープンブック方式 無駄な公共事業費の支出を防止するため、工事にかかったコスト情報を開示(オープン)し、多くの皆様の監査を受けます。
(3) 地元企業の活用 地元経済の復興に寄与するため、施工業者は地元企業を優先して選定します。

 

5.CM 事務所

住所 〒970-0222
福島県いわき市平沼ノ内諏訪原1-12-5       
豊間・薄磯震災復興JV(略称)
連絡先 電話番号: 0246-98-2610 
FAX番号: 0246-39-2911 
現場代理人
[統括管理技術者]
最上 登久也
情報統括チームリーダー 坂本 桂吾
案内図

事務所・現場案内図icon_1r_24(907KB)
バス時刻表【いわき駅~神谷作】icon_1r_24(36.8KB)


大きな地図で見る